江戸川区の内科|甲状腺、糖尿病なら田村医院

クリニックブログ

生活習慣病と脳卒中を考える会

今日は「生活習慣病と脳卒中を考える会」で講演をしてきました。

小岩で開業なさっており東京都医師会理事である目々澤肇先生に座長をしていただき、「経口糖尿病治療薬の選択のポイント」と題してお話しさせていただきました。糖尿病治療に関する研究の成果の歴史や、最新の経口糖尿病治療薬の臨床試験データ、それを踏まえたうえでの開業医目線で見た薬剤選択などについて解説です。与えられた時間が30分のため駆け足になり、お聞きいただいた先生方にうまく言いたいことが伝わったか不安でしたが、講演会後に参加していただいた先生方から、日常診療に役立つ情報でしたと声をかけていただき、ほっといたしました。

メインの講演は、母校である日本医科大学の神経内科教授である木村和美先生による「脳卒中治療最前線」でした。

木村先生は臨床脳卒中学の第一人者です。ご自身の臨床医としての経験、研究成果や、大規模臨床試験の結果などを非常にわかりやすく解説していただきました。血管内治療や血栓溶解療法について詳しくご解説いただきましたが、一開業医としては診察で首の血管雑音を確認することが、脳卒中予防に非常に役立つことを教えていただいたことが印象に残っています。現在江戸川区の健診の真っ最中であり、診察時に血管雑音の有無を確認することがいかに重要かがわかり、明日からの診療に早速生かしたいと思います。

[caption id="attachment_233" align="alignnone" width="169"]2015/10/ 7 22:47 2015/10/ 7 22:47[/caption]

ページトップへ戻る